インプラント治療について

歯周病の人がインプラントの治療をする場合は、先に歯周病を治さないといけません。なぜかと言うと、限られた歯だけに発生するという事は少なく、複数の歯に現れる特徴があるからです。歯周病は、自分の歯とそれを支えている周りの組織に起こる炎症です。インプラントにも同じような炎症が起こる事があり、歯周病原細菌が主に関与しています。これは、歯の周囲の組織を破壊してしまいます。それだけではなく、病気の発生や進行のリスク因子になる可能性があるので注意が必要です。そのままの状態で、インプラントの治療をすると周囲に炎症が起こるので危険です。出来るだけ早く治療を受けて、悪化されないように予防しましょう。感染しない為には、周りの歯を治療する必要があります。治療内容は、ブラッシング方法や食生活についてのアドバイス、歯石や歯垢の除去や歯周ポケットの洗浄などです。インプラントを埋め入れる手術までに、口全体の歯周病が治っているか症状が安定していれば、同時進行で進める場合があります。手術が終わっても、定期的に細菌検査は必ず受けましょう。インプラントの外科手術などが得意な歯科医師に手術をしてもらえば安心です。歯科医院は慎重に選びましょう。

↑PAGE TOP